天文

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

とある天体望遠鏡のある施設に行ってきました。

ちょー趣味の世界でした。きれいだけれど。

昔、望遠鏡で月をみて、でかい!とおもった記憶がよみがえる。
I先生が、人の興味関心は年をとるごとに、花鳥風月の順番になるとのお話があった。年をとるほど変化のしないものに共感するようになるとのこと。そういうこともあるかも。

個人的には、男性と女性の星空への関心に関心がある。

写真好きには、鉄道か天文、この二つが登竜門とされている。この二つとも、男しかいない。星空が好きな女の子は未だかつてあったことはない。

例えば、プラネテスのハチマキは、星が好きな方だと思うけど、一方、タナベは自分の活動範囲を知りたいから宇宙にでたっていってるのでそれほど星好きだとは思われず。

個人的には、星空を写真におさめたことはあるけれど、それは面白くはなかった。ただ、夜中にこそこそカメラやらを準備して、空を見上げて長時間露光をする、という非日常性はたのしいものだった。

さて、では女の子はどうかというと、どうなのかとよくわからないが、なんかそのあたり、面白いことが考えられそうなそんな予感。