厚労省事務次官刺殺と麻薬取り締まり

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

元厚生事務次官の方が刺し殺され,夜には別の元厚生次官の奥さんが刺されたと報道されている.

お門違いの人を刺している,という話もあるらしいが,危険な状況.
原因はなにかわからないが,仮説は二つ,ひとつはセーフティーネットからはみ出た人,もうひとつは麻薬関連.

前者は破れかぶれになって偉い人を殺そうとしした,とおもう,しかしながら,狙う人が地味でいまいちピンとこない.なので,報道されているような,年金問題では無いような気がする.

後者の麻薬関連は非常に臭い.麻薬・覚せい剤は,厚労省が管轄で取り締まりをおこなっている.警察ももちろん不法所持をしていればとりしまるだろうが,麻薬取締官も同等の権限をもつ.

先週末のTVで大麻栽培をしている学生の取り締まり,さらには,販売している業者の摘発が取材され報道された.そのなかで,業者が販売した顧客リストも押収したとのシーンもあった.
さらに,ひきづいて,報道各社がそれをおい,大学生の薬物汚染が問題とされている.

ただ,かなりナイーブな内容であるはずのリストをこれほどおおっぴらに報道した,というのは,その業界への威嚇である.全国に報道され,かつ,膨大な顧客リストを握っているって知らしめるのは,かなり危険な行為.

ぞくぞくと逮捕者を出すけっかとなるならば,黙っていない人たちもいるだろう,その結果,報復措置として元事務次官が刺殺されたのではないだろうか,と勝手に想像する.

それでは,なぜ現事務次官でなく,厚労省大臣ではないのか?単純に居場所がつかめないとか取り巻きが多いとかあるのかもしれないけれど,警察庁長官が襲撃されたこともあり,無いとはいえない.

年金の線をもういちど考えてみるけれど得する人があまり思いつかない.うーん,どうなるのでしょうか?