工房的都市論19 都市のOSと道具としての都市

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

IMG_1695.jpg

都市のOSっていう言葉がちらりと目にはいり、これはこれはと読んでみました。

街に意思をもたせる:ライゾマティクス 齋藤精一氏の「CityOS」構想とAIの関係性とは | Mugendai(無限大)

単純なイメージだと、行く手の信号が近づくと全部青になるとかなってくれたらいいのに、という非常に身勝手な使い方を思いつきますが、そうではなくAIを用いたスマートな街のようです。

OSという言葉からイメージされるのはコンピューターだとすると、ハードウェアとソフトウェアがあった時にその仲立ちをする体系であるとすると、動的に反応するという意味では確かにOSのようなものが組み込まれててもいいじゃないかとはふと思った次第。

たとえば、最初に書いた信号が次々変わってほしいという願望があったとして、なかなかそういうことにはならないなぁとおもったり。ここの階段がこうなっていてほしいな、とか、ここに高台がほしいと思っていたとしても、それを実現できるという希望は基本的には街にたいしては抱かないですし、抱いても行き場のない思いにかられるばかりです。なので、通常は、引越しをする、住む場所や仕事場を変えるという代償行為によって不満を解消するので不動屋さんは商売が成り立つのでしょう。為政者やアーキテクトであれば、自分でどうにかしてやろうということになりますが、そうではない市井の存在ではそうはできないというのが、道具として見たとときの都市という対象と言えます。アプリオリに都市は存在していて、使い心地がわるくても使い続けます。

文中に、建築はあまりに動きが鈍すぎてやめた、という記載があります。なんだか共感してしまうコメントでもあります。つまりは、道具としての都市は、使い勝手が悪かったら改良するとか取り替えるとかがなかなか儘ならない対象であるとすると、その間にソフトウェアを介在させることでそうでもない存在に作り変えることができるかもしれないです。

さらにコンピューターのアナロジーで捉えると、都市のインターフェースはどんなもの?を考えます。情報処理のレイヤーにとどまるか、なんらか都市への操作を行うか。音、光、信号、インプットとアプトプット。
文中には生活音などを分析することで、空間での活動を分析することで、逆に環境を最適化したりすることが提案議論されています。なるほど。あるいは、しょうもないといえばしょうもないですが、人が集まる場所は明るくして、人がいない場所は暗くするとか、単純に状況をセンシングすれば、都市のシステム自体のエネルギー消費が削減されるでしょう。家庭内でやるのではなく、都市圏全体でやったら相当ダイナミックな面白いことにはなろうと思います。

もっとダイナミックなアウトプットとしては交通システム。従来の鉄道は沿線の概念ががありますが、どんな沿線でも繋がっててればいいじゃんなんて素朴におもっちゃうので、人の動きに合わせていい感じに路線が切り替わってくれないものかと。満員電車の解消と都市のOSなんていうのが切実なのだろうと思います。とはいえ、、、いいアイディアがでない。。。道具としては最悪なはずなのになくならない都市における満員電車や渋滞といった切り口で一つなにか考えてみたいものです。

一方、不便を普通にだけでなく、普通を楽しくなんで感じで行くと、たまたま流してたyoutubeのPVみたいな感じで、町中を踊らせるハメルーンの笛吹き的な都市のAIが出てきてもなにやらいいんじゃないかという気がしてきましたので、今日はこの辺で。